屋根の修理相場は一体いくら必要? 【業者に依頼する場合】

MENU

天窓からの雨漏り

屋根

コーキングの剥がれが大半

太陽の光をより家の中に取り込みたいとして、マイホームに天窓やライトトップを設置するご家庭も増えてきています。屋根に天窓を設置することによって太陽光を取り込みやすくなるだけでなく、開放感も得られるなどのメリットがあるようです。オシャレな住宅に広がっている天窓ですが、実は雨漏りを起こしやすいと言われており、場合によっては修理が必要となります。マイホームが建てられている環境などによって変わるものの、天窓の寿命は約25年程度と言われており、この期間を過ぎたら雨漏りしやすくなるようです。屋根から雨漏りしてしまうと侵入してきた雨水が、柱や梁などを伝い腐らせてしまうケースもあるので注意する必要があります。もし、取り付けた天窓部分から雨漏りしているようだという場合は、速やかに屋根修理を依頼したほうが良いでしょう。屋根修理と聞くと高額な費用がかかるのではと、金銭的な負担を気にする人も多いようですが天窓からの雨漏りであれば、さほど相場は高くありません。天窓から雨漏りしているという場合、屋根と天窓の隙間を埋めているコーキングが劣化によって剥がれているケースが多いようです。ただ単にコーキングが剥がれて、そこから雨漏りしている場合にかかる修理相場は、約10万円から25万円程度です。コーキングしなおすだけにかかる費用としては、相場が高いと感じるかもしれませんが、この10万円から25万円という金額は散水調査などの費用も含まれています。どこから雨漏りがしているかといった費用など、全て合計した金額が天窓の修理の場合約10万円から25万円の相場が程度かかるという仕組みです。

Copyright© 2018 屋根の修理相場は一体いくら必要? 【業者に依頼する場合】 All Rights Reserved.